課題解決プロジェクト

大和田中学の課題解決プロジェクト

習得した知識をうまく使うために必要なのは、考える力。この活動では、思考力・判断力・表現力を育成し、自ら考えて課題を解決する力を養います。中学2~3年次のカリキュラムに組み込んで行う本校独自のプロジェクトで、土曜日授業の2時間を利用して半期もしくは通年で開講しています。

表現力を鍛える

カメラを用いた授業
カメラを用いた授業

写真や動画を撮影し、作品を制作します。頭の中のイメージを写真や動画などに具体化して表現することで、己の考えを掘り下げ、自己の探求につなげます。制作物をインターネットやSNSで共有する際のネットマナーも学びます。

マジック
マジック
[特別講師]プロマジシャン 浅田悠介氏

プロマジシャンの浅田悠介氏を講師に迎え、手品を学びます。人前に立ってマジックを披露することで、大勢の前で対話しながら表現する、高度な力を育成します。楽しみながら力をつける人気の授業です。

ダンス
ダンス

音楽に合わせて身体を動かし、イメージをとらえ自己を表現することで脳の活性化を促します。体育の授業に加え、総合学習でもダンスを取り入れています。

華道
華道 [特別講師]華道家元池坊華道教授 木挽登士子氏

華道家元池坊より先生にお越しいただき、華道の授業を展開。生け花を通して豊かな心を養います。

書道
書道

文字を書く芸術としての書道のみならず、書道を発展的にとらえた作品制作にも挑戦。イメージを作品化する喜びを味わいます。

美術
美術

総合学習の時間を利用して、美術の授業の枠を抜け出した制作物に取り組んでいます。過去には木工や陶芸、染め物などに挑戦。普段ではできない奥行きのある体験です。

判断力を育てる

囲碁
囲碁 [特別講師]日本棋院関西総本部 棋士 古家正大氏 四段

何手も先を読む囲碁の対局を通じて論理的思考力や判断力を養い、集中力を高めていくことができます。

チェス
チェス [特別講師]大阪アンパサンチェスクラブ 辻本二朗氏

公式戦でも通用するルールとマナーを学びます。戦略的に先の手を読み、思考力、想像力、判断力を養います。

PBL(Project-Based Learning)

問題解決型学習を意味するPBL。自ら課題を設定し調査・分析することで、自ら学習する姿勢と課題解決のための方法論が身につきます。

思考力を養う

エナジード
エナジード

AIやロボットの進化が著しい現代。エナジードでは、技術進化による変化を題材に自分の考えを発表します。答えのないテーマについて思考することで、ものごとを広い視野でとらえ、創造する力を養います。

NIE(Newspaper in Education)
NIE(Newspaper in Education)

新聞を用いた授業により読み書きの機会が増え、語彙力や表現力が高まります。毎週土曜日には全校生徒が一斉に新聞を読む時間もあります。

Newspaper in Education 2019年度より3年間のNIE実践指定校に選ばれました。
理科実験

実験の授業を多く取り入れ、実体験として学ぶことでより理解が深まります。映像教材も積極的に利用しわかりやすい授業を展開しています。

読書マラソン

毎朝決まった時間に自主的に読書をします。活字に触れる機会が増えるとともに、集中力を高めた状態で1時間目の授業に臨めます。

中学文化祭
中学文化祭

本校は中高一貫校ですが、文化祭は中学校・高等学校がそれぞれ単独で行います。クラスでつくり上げる演劇をはじめ、課題解決プロジェクトにて制作した華道作品の展示や手品の披露など、全校生徒が一丸となってさまざまな出し物を準備します。なかでも中学校の生徒全員で歌う大合唱は大迫力。仲間と一緒に真剣に取り組み、想いをぶつけ合い、一つのものを創り出す喜びを体感します。

校外学習プロデュース
校外学習プロデュース

PBL(Project-Based Learning)の一環として、生徒自らが校外学習を企画します。3名前後のグループを作り、コンセプトや方向性・何を学ぶかを話し合い、行先を先生にプレゼンテーションします。行先決定後は、考案したグループを中心に現地での企画を考え、旅行業者と直接打合せすることも。自ら動き、課題を解決する能力を身につける取り組みのひとつです。