佐藤敏郎氏 講演会
 
中学・高1対象「小さな命の意味を考える」
 
日時:7月19日(水)11:00~
 
佐藤さんは、東日本大震災当時、東松島市の中学校教諭として、国語・防災を担当。
現在は、NPO活動だけでなく、女川さいがいFMのパーソナリティとしても活動されています。
 
講演では、震災直後の俳句の授業や、
佐藤さんの教え子による語り部の活動など
震災を経験した子どもたちの様子を話していただきました。
 
佐藤さん自身も、大川小学校に通う次女を亡くされました。
「受け入れたくない現実はありますが、
今後起こる災害の被害をふせぐ教訓になれば、
娘の死は無駄にはならない」とおっしゃっていました。
 
「本当の防災とは、ただいまを言うこと」が印象的でした。
「未災者」のわたしたちも、今後くるかもしれない大災害に備えて、常日頃から防災意識を高めていかなければなりません。
「ただいま」を言うために。


写真はこちら(要パスワード)