心を育む取り組み

豊かな心をつくるのは、豊かな体験があってこそ。
実際に聞いて、さわって、つくって、体感して。
机に向かうだけでは得ることのできない、深い学びを。

建学の精神に則った教育で、
2020年度以降の入試に対応します。

本校で行っている教育は建学の精神である「全人教育」に根付いています。「礼節を重んじる人づくり」、「世界に通じる人づくり」、「心豊かな人づくり」の3つの柱に則って、古くから今に至るまで、人としての豊かな力を育むべく多彩なプログラムを取り入れて進化してきました。これらの活動すべては、これからの時代において重視されている思考力・表現力・判断力の育成に通じています。

課題解決プロジェクト

課題解決プロジェクト

詳しくはこちら

中学2~3年生が、土曜日授業の2時間を利用して半期もしくは通年で受講し、普段の授業とは違った力を養います。 通常授業でこのような活動に取り組んでいる学校は珍しく、本校独自のプロジェクトのひとつです。

ココロの学校

ココロの学校

詳しくはこちら

年に数回、各方面より著名人を招き「ココロの学校」と称した講演会を行う、本校独自の取り組み。さまざまな世界の最前線で、熱い想いを持って活動する方々のお話に感銘を受けた生徒たちは自ら古本回収を行い、換金して得たお金を寄付するなど、実際に行動に移すことも。人生における新たな気づきや希望、勇気を与える機会となっています。

ココロの奉仕

ココロの奉仕

詳しくはこちら

幼稚園や老人ホームなどの、人とのふれあいが中心となる職場で社会体験活動を行っています。校内での授業がインプット中心であるのに対して、この活動はまさにアウトプット。日々の生活での経験を活かしながら、人の役に立つために取り組んでいます。実際に体験をすることで感性を磨き、社会に貢献できる人材を育てます。

中学文化祭

中学文化祭

本校は中高一貫校ですが、文化祭は中学単独で行っていることが特長。クラスで作り上げる演劇をはじめ、「課題解決プロジェクト」にて制作した華道作品の展示や手品の披露など、全校生徒が一丸となってさまざまな催しを行います。なかでも中学校生徒全員で歌う迫力の大合唱は必見。仲間と一緒に真剣に取り組み、ひとつのものを創り出す喜びを体感します。

校外学習プロデュース

校外学習プロデュース

PBL(問題解決学習)の一環として、生徒たち自らで校外学習の企画をしています。3名前後のグループを組んで、コンセプトや方向性・何を学ぶかを話し合い、行先を先生にプレゼンテーションします。行先決定後は、考案したグループを中心に現地での企画を考え、旅行業者と直接打合せすることも。自ら動き、問題を解決する能力を身につける取り組みのひとつです。

地域文化を知る自然宿泊体験

地域文化を知る自然宿泊体験

中学1年は和歌山、中学2年は徳島へ行き数名ずつに分かれて民家に宿泊します。農業・漁業体験をはじめ、熊野古道のトレッキングや阿波踊りなど、現地ならではのプログラムを用意。各地の雰囲気を満喫できる研修です。

いじめゼロをめざす生徒指導

いじめゼロをめざす生徒指導

生徒とまめにコミュニケーションをとり、教員同士で密に情報を交換することで問題を未然に防ぎます。たとえ問題が起きた場合でも、全教員で解決に取り組み、生徒への適切な指導と保護者への誠実な対応にあたります。

エンカウンター

本音を表現し合い、互いに認め合い理解を深める手法であるエンカウンター。入学後すぐに道徳の授業で取り組み、協調的な人間関係を育みます。

協同学習

男女数名の小グループをつくり、協力して課題を解決します。教科内容の理解とともに、対人関係をはじめとする社会性も育成します。