学力を伸ばす取り組み

志望校合格に向けて、勉強に集中して打ち込める充実した学習環境が本校の特徴です。
教師の工夫が光る毎日の授業に加えて、講習・講座や学習合宿など多彩な学びの機会を用意。
教師が生徒の質問にいつでも応えられる体制も整えており、勉強に対する熱意を全力でサポートしています。

2020年度大学入試改革に対応!

Pick Up

2020年度大学入試改革に対応!

これからの大学入試に必要とされるのは、「課題に対応する力」。大和田中高では、教員が前に立って指導するのではなく生徒が自主性をもって学ぶ「アクティブ・ラーニング」を積極的に取り入れています。例えば数学の授業では、できた人からわからない人に教える「教え合い」の形式をとり、人に教えることで理解を深めています。学習意識の向上につながるとともに、思考力・表現力・判断力を育てます。

中高共通の取り組み

徹底したフォロー体制

徹底したフォロー体制

職員室の前に机と椅子を常備し、いつでも生徒の質問に対応できる環境を整え、つまずいた生徒をフォローします。さらに日々の提出物を徹底的に管理することで、カリキュラムに沿った学習内容の習得を補助しています。

自主自立精神の涵養

自主自立精神の涵養

授業や休み時間の区切りにチャイムを鳴らさない「ノーチャイム制」を採用しています。自主的に時間を管理することで、時間の配分や使い方を考えた行動が可能。限られた時間のなかで効率的に動く力を身につけます。

苦手をなくすやり直し学習

苦手をなくすやり直し学習

テストが返却された後は、必ずやり直しすることを習慣づけています。何をどのように間違えたのかすぐに確認することで自分の苦手分野や理解できていないところを知り、克服するチャンスに。学習内容を定着させます。

週当たり38時間の熱血授業

週当たり38時間の熱血授業

1日7時間授業体制で学習し、総合的な学力を習得します。情熱を持った教師陣が全力投球で授業に取り組み、内容の濃い授業を展開。生徒の努力に応えるために、日々の教材研究を欠かしません。さらに、研修や公開授業なども行い、教師としての指導力を高めています。

充実の教育環境

充実の教育環境

大阪国際大学の図書館をはじめ、充実した大学施設を共有できるので、ゆとりある快適な環境で学習することができます。さらに、大学のグラウンドや奥田メモリアルホールを使ってイベントを開催することもあります。他の学校ではなかなかない大規模な施設がそろっています。

中学校の取り組み

チャレンジノート

チャレンジノート

英語・数学・国語の3教科から、毎日日替わりで課題を設定。生徒は毎日担任の先生に提出します。1年後には十冊程度のノートができあがり、生徒たちに達成感と自信を持たせるきっかけとなっています。

効果的な朝学習

効果的な朝学習

最も集中しやすい時間である朝を利用して、朝学習の時間を設けています。新聞や本を読んだり、短時間で取り組める課題をしたり、曜日や学年によって内容はさまざま。朝の短い時間を効率的に利用し、学習への集中力を高めます。

自主自立型学習システム

自主自立型学習システム

「I-koya」と題したコンピュータ端末を利用した学習システムで、苦手分野に合わせた学習プログラムを作成。多くの類題を解答することができるので、繰り返し学習に最適です。通常授業や放課後講習で利用しています。

ファーザーステップ講習

ファーザーステップ講習

検定上位級の取得や発展的内容の学習のために行っている高レベルの講習です。特に英検対策の講習は多くの生徒が受講していて、中学3年の上位クラスでは大半の生徒が準2級を取得しています。

高等学校の取り組み

学習習慣を定着させる毎日課題

学習習慣を定着させる毎日課題

学習習慣を身につけることが実力養成の最短ルート。本校では英語・数学の2教科に「毎日課題」を設定し、生徒たちは毎朝担任の先生にノートを提出します。1年後には十数冊のノートができあがり、生徒たちに達成感と自信を持たせるきっかけとなっています。

朝学習による基礎力定着

朝学習による基礎力定着

朝の10分は夜の30分に匹敵するといわれるほど、朝は集中できる時間。その時間を利用して、英単語テストやリスニング、漢字テスト、数学小テストなど短時間で取り組む課題を行っています。朝のゴールデンタイムを有効に活用することで基礎力を定着させます。

学習合宿で濃密な学習

学習合宿で濃密な学習

新入生が高校の学習に早く慣れるための「オリエンテーション合宿」や長期休暇中に実施される「学習合宿」を開催しています。ともに頑張る仲間の姿を励みに、学習に取り組むことができます。

講義動画を利用した個人学習

講義動画を利用した個人学習

受験生にとって、志望校に合わせた具体的な対策は必要不可欠。本校では、高校全学年を対象に株式会社リクルートホールディングスのスタディサプリを導入しています。予備校に行かなくても学内で放課後や長期休暇中にスタディサプリを利用し、校内予備校としての活用ができます。

kou_06

模試結果に基づく進路指導

進路選択は、高校生にとってこれまでの人生で最大の岐路といえるでしょう。本校では、模擬試験の結果で生徒の特性や能力を見極め、的確な進路指導を行います。また、進路学習の時間に、入試内容や大学での学びについて研究したり、将来の仕事について調べたりします。

kou_06

豊富な講習・講座制度

放課後に行われる「通常講習」に加え、春・夏・冬の長期休暇中に「特別講習」を実施。受験を目前に控えた3年生では「難関国公立数学」や「関関同立英語」など多くの講習や現役予備校講師による講座が開講され、志望校の受験対策を集中して行います。

  1. ● 通常講習 成績上位者対象のハイレベル講習や、理解を深めるフォローアップ講習、課題未提出者・朝学テスト不合格者を徹底指導する居残り学習など、力に応じた講習で学力向上をめざします。
  2. ● 学期末講習 学期末の考査終了後、学期終了日まで講習を行っています。考査終了後も継続して学習を続けることで、学んだ分野をより深く理解し、吸収します。考査でつまずいた問題の復習もできるため、苦手の克服にもつながります。
  3. ● 特別講習 習熱度別クラス編成による講習や志望大学別クラス編成による講習など、実力に見合った授業を受けることができます、これにより長期休暇中も変わらぬ学習習慣を維持できます。
  4. ● 夏期特訓講座 学園の一斉休業日を利用して行われるハイレベルな講座です。大学別、科目別に講座が開かれ、希望に応じて受講が可能。実際に予備校の夏期講習に参加するより安価で受講できます。
  5. ● 国公立2次直前講座 志望大学別、希望科目別に行われます。センター試験後の2月に行われ、実際に出願した大学の傾向と対策を徹底指導します。同じ目標の仲間に囲まれ、高い意識が持てます。