ココロの学校

年に数回、各方面より著名人を招き「ココロの学校」と称した講演会を行う、本校独自の取り組み。
さまざまな世界の最前線で、熱い想いを持って活動する方々のお話に感銘を受けた生徒たちは
自ら古本回収を行い、換金して得たお金を寄付するなど、実際に行動に移すことも。
人生における新たな気づきや希望、勇気を与える機会となっています。

2017年度ココロの学校レポート

感じた想いを積み重ねる。
力に変えて、思いをつなぐ。

2018年1月25日講演

「想像こそが人と社会と未来を変える」

認定NPO法人テラ・ルネッサンス創始者 鬼丸 昌也氏

 講師にお迎えしたのは、大学4年生のときに訪れたカンボジアの地雷原の様子に衝撃を受け、その後自らテラ・ルネッサンスを創設したという鬼丸氏。テラ・ルネッサンスでは、地雷撤去をはじめとするさまざまな世界平和をめざした活動に取り組んでいますが、今回は特に「少年兵の社会復帰」に重点を置いたお話をしていただきました。

 少年兵は、身体・精神的なトラウマを抱えていることが多いこと、除隊後にコミュニティから偏見や差別を受けやすいことなどから社会復帰が困難なことが多いのです。加害者でありながら被害者でもある彼らの年齢は、日本では中高生にあたる18歳未満。国や環境が違うだけで、同じ世代の子どもが過酷な状況にたっていることをリアルな言葉で改めて知り、衝撃を受けました。特に印象に残ったことは、「僕らはゼロではない。小さな積み重ね、小さな決断、その積み重ねが世界を変える」という鬼丸氏の言葉。世界平和のために個人ができることは限られていますが、「何かできることがある」という当たり前のようで気づきにくい事実は、生徒に大きな感銘を与えました。

 「自分たちにもできることがある」。生徒たちは立ち上がり、なにができるかを考えました。そうして始まった書き損じはがきの回収活動。自分たちでポスターやチラシを作り全校生徒へ知らせ、回収。最終的には301枚のはがきが集まりました。集まったはがきは、同じくテラ・ルネッサンスの粟田氏に学校へお越しいただき、生徒会が代表して手渡し。活動のなかで新たに生まれた質問にも丁寧に答えていただき、講演よりもさらに深い、まだまだ知らない世界の実情を知り感極まる生徒もいました。ここでお聞きした話は、生徒のまた次の行動へとつながっていくことでしょう。

 粟田氏からは、「今回の活動の経験を自信に変え、今後の生徒会活動や人生に活かしてほしい」というお言葉をいただきました。活動を通して、生徒たちは微力でもできることをすることで、みんなの「思いをつなぐ」ことができるのだということを実感していたようです。

  • アフリカの元少年兵の話や、自身の活動の原点について語る鬼丸氏。

  • 生徒たちで集めた書き損じはがきを 直接寄付し、お話を伺いました。

  • 後日テラ・ルネッサンスから、学校へ感謝状をいただきました。

  • 校内に貼られた活動報告は、新たな想いを生み次の行動へとつながっていくことでしょう。

自己満足でもやってみる。
行動すれば、道はひらける

 「それを失敗とするか、教訓とするか。それは自分次第」そうお話してくださったのは、極地探検家の荻田泰永氏。荻田氏は、何をするでもない平凡な日常に疑問を感じていたある日テレビで見た北極探検家に心を惹かれ、そこから何度も北極を冒険されています。お話は、生徒たちにとって「非日常」な体験ばかり。さまざまな困難に自ら挑戦する荻田氏による人生の教訓は、生徒たちの胸に響いたことでしょう。「理由は後からついてくるから、まずは自己満足でもやってみること」というお言葉が印象的でした。

 カンボジアを故郷に持つ久郷ポンナレット氏は、幼少期に政治政策により家族を失い、自身も強制労働を強いられたなか、命からがら日本に逃れてきたそう。まだまだ難民に対しての知識が乏しく消極的である日本人に、他人事ではないと当事者意識を説かれました。

 「小さな命の意味を考える」と題した講演を行ったのは、東日本大震災時、宮城県東松島市で国語教諭をされていた佐藤敏郎氏。震災直後に行った俳句の授業や、教え子による語り部の活動など震災を経験した子どもたちの様子を話していただきました。自らも娘を失ったという佐藤氏は、「今後起こる災害の被害を防ぐ教訓になれば、娘の死は無駄にならない」「本当の防災とは、ただいまを言うこと」など印象的なお言葉をいくつも残され、記憶が風化しつつある現代に、改めて災害の恐ろしさや辛さ、そして未来への気づきを与えていただきました。

2017年度 講演実績
  • 衛藤 信之氏(日本メンタルヘルス協会 代表/心理カウンセラー)
  • 久郷 ポンナレット氏(カンボジアの難民問題についての講演)
  • 佐藤 敏郎氏(小さな命の意味を考える会 代表)
  • 荻田 泰永氏(北極冒険家)
  • 吉岡 秀人氏(NPO法人 ジャパンハート 代表)
  • 鬼丸 昌也氏(認定NPO法人 テラ・ルネッサンス 創始者)
  • 伊藤 大輔氏(マジシャン)
2018年度 講演予定
  • 三遊亭 白鳥氏(落語家)
  • 浦上 大輔氏(一般財団法人日本ペップトーク普及協会 専務理事)
  • 椎木 里佳氏(高校生起業家)
  • ロボットのぞみ氏(現代社会派パフォーマー)
  • 伊藤 大輔氏(マジシャン)
2015年度公演レポートはこちら 2016年度公演レポートはこちら